2019年 時流鑑定

あなたは『時流』という言葉をご存知ですか?
時流は人生を成功し続けるために、とても役に立つ航海地図のようなものです。

地球は宇宙のエネルギーによって成り立っています。その力は大自然の営みから生命活動、人間の思考にまで影響を及ぼします。このエネルギーのことを私達は気と呼び、その流れを体系化したものが『氣学』です。氣学は占いや思想ではなく、世の中を統計的に整理した分類学です。

自転と公転を続ける地球では、気の流れ(宇宙の風と仮に呼びます)が毎年変わります。この風向きの変化が、時の流れ『時流』となって現れます。世間で言う、流行のようなものです。「昨年売れたモノが、今年は売れない」「昨年熱中していた事に、今年はなぜか興味がない」などは典型的な時流の影響です。

時流は、決して私達にとって不都合なものではありません。そこを踏まえて「自分に都合の良い風には乗り、そうでない風は受け流す」、このスタイルを日常生活に取り入れてみてはいかがでしょう。間違っても、向かい風にならないようにして下さい。「時流を読んで、上手く風に乗る」、それが宇宙を味方につけて時を生き抜くコツです。

2019年の時流は 2月4日 から始まります。 ※今年は時流に乗れないと、ちょっと大変な1年になりそうですよ。

【期間】 2019年2月4日~2020年2月3日

【十干】 己(つちのと)
【干支】 亥(いのしし)
【九気】 八桃果性

【心得】 他人を気づかって生きる
【開運色】ピンク・黄色・橙

上手く行かない『国際情勢』

国連の働きが、機能しなくなります。
特に人間関係において、いくら話し合ってもおもいが通じなくてイライラしてしまう年です。この流れは世界の国同士にも及び、貿易等が上手く行かないだけでなくテロや戦争にまで発展する国が出る可能性も・・・。
※日本が影響を受けないためには、鎖国が一番なのですが・・・現実無理ですね(-_-;)。

こういう時には、見える世界(物質的)の横の繋がりでは解決できません。見えない世界(精神的)の縦の繋がりが必要です。各国のトップがいくら話合っても、天の意思に沿わなければ解決できません。
自分(自国)の利益ばかりを主張して、結局は各国の分断が深まることとなります。我が国のトップは、天に目を向けてもらいたいものです。

激しい『環境汚染の論争』

異常気象や天変地異の現象が治まらず、人々の中で異常を異常と思わなくなり始めます。
環境の問題は、地球規模で“待ったなし”の状態です。大気汚染、海の汚染は特に深刻で、経済中心になりすぎた人間の思考と生活習慣への大きな警笛となります。それでも経済を中心に突き進もうとするならば、必ず天の制裁を受けることになります。早く『心』に従うことです。

世界的な土壌、大気、水の汚染問題が大きく話題になる中、その影響がいよいよ各国の小規模な地域にも及び始めます。砂浜の減少もしくは消滅もその一つです。海洋生物の生息、生育場所がなくなるだけでなく、水害発生時の被害拡大も懸念されます。この問題は、被害は海岸だけでなく山間部の生息にも及びます。

静岡では霧の減少により、お茶が育たない(品質低下)問題が発生したりもしています。環境破壊は生態系を脅かすだけでなく、美しい景観や美食にまで及び始めています。

混沌とする経済

国際問題も影響して、経済は乱高下する厳しい状況となります。
特に気学の視点では、『己(つちのと)』の年は大きく経済がリセットされます。
吸いこんだ息は、一度大きく吐き出さないといけません。今年は「10年に一度の吐き出す年」と思えば、株価の乱高下は想定内です。大きく下落することも、準備しておけば恐れる必要はありません。天の計画を受け入れることです。

特に今年は『天皇の即位』、来年には『オリンピック』という大きな節目を迎えます。力以上のパフォーマンスをするのであれば、天に帳尻を合わせられることになります。大人の事情と題して、様々な情報操作や株価の買い支え等もあるでしょう。しかしどこかでリセット(テコ入れ)する覚悟を持たなければ、負のスパイラルは抜け出せません。ハリボテは通用しません。
経済中心の『物質的な進化』ではなく、『心の進化』を始めなければならない年となります。

迷走する『人の心』

今年は人を気づかうことがバカらしく思ってしまうという、心の乱れが特に目立つ時流です。自分自身も同じように乱れるため、いつも以上に『他人と自分の心』を気づかって生きる必要があります。
以下、今年に起こる現象です。巻き込まれないことは勿論ですが、自身が陥らない注意も必要です。

心の乱れから起こる現象

・親族間のトラブルが多発する。
後継問題、相続争い、家庭内暴力、虐待問題が今まで以上に表面化する。

・思いがけない事件や事故に遭遇する。
自分を主張する人が増え、感情的になる人が街に溢れます。理解できない事件、事故が多発。
※自分の身は自分で守るしかありません。

・遅刻が頻発する
予定通りに、事が進まないことが多くなります。理論ではなく、おもいの違いに注意。

・不平等な事が、取り上げられる。
手柄を独り占めする人、上司に媚びる人、他人を利用しようとする人が増える。

・天に逆らうと、国家単位で逆風が吹く。
世界中で貿易、犯罪、紛争、災害などがニュースに。日本では皇族、オリンピック対策(設備、選手強化)、株価、少子化問題、消費税、防犯対策まで、国のリーダーの思惑通りに事が流れない。

・お金の使い方が問われる。
お金の流れが、本来の天の基準になります。あるだけ使うはNGです。

心得と対策

・意見の対立を避ける
対立を助長するような言動を仕掛けられます。「ふ~ん、そうなんだ~」で受け流しましょう。

・争いの種は何か?を探る
物事の裏側に意識を向ける。人間関係やクレームの、因果関係(原因)を見つけましょう。
※「話合いで合意したはず・・・」が、今年は通用しないと心得えましょう。

・人を責めない
イラっとすることが増える中、意識して飲み込む。いつも通り言ってしまうと、今年は気が付いたら自分がクレーマーになっていた!なんて状態になるので特に口は閉ざすが吉です。

・見えない世界の応援に感謝する。
失敗しても『神様からのメッセージ』と捉えましょう。「ありがとう」「おかげさま」を口癖に。

・生まれ育った土地(自分にとって大切な場所)のエネルギーに救われる。
魂の浄化とも言うべき心のリセット場所に、慣れ親しんだ土地のエネルギーが今年は効果的です。

・周囲への気配りが徳を積む。
見返りを期待しない気配りが、特に今年は『見える世界では、お金』『見えない世界では、徳』となって返ってくる。

・自分にあった役割を見つける。
天の才はあなたにも備わっています。周りや情報に振り回されずに、自分の魂に合った生き方を見つけることです。魂(本当の自分)に視点を向けると、今まで気づかなかった物事に意識が向かうようになります。
※心の進化の始まりの年としましょう。

・仕上げやクロージングに時間をかける。
営業をしている人は、いつもより根気よくお客と向き合うようにしましょう。「じっくり決めたい」という、客心理が働きます。今年は今までよりも丁寧に!がカギとなります。

『九気別』ワンポイントアドバイス

・一赤果性の方
『自分勝手な目標は、意見を押し付けてしまうだけで達成できない』年です。
常に穏やかに。「自分のやるべき事は何か?」を良く考え、意気込み過ぎないように。

・二白水性の方
『準備中に思いもよらない邪魔が入る』年です。
今年は誤解をされやすいですが、ジタバタせずギリギリまで計画を練って下さい。

・三空土性の方
『人に目を奪われやすく、他人を信用して利用される』年です。
社会問題のニュースが、自分への警告だと思って目を通すようにして下さい。

・四紫土性の方
『期待通りの成果が出なく、落ち込みがちになる』年です。
今までの自分のやり方を変えて、思い切ったやり方を試すのも良いでしょう。

・五黄土性の方
『積極性が出て、人を集めることが出来る』年です。
「人を自由に動かせる」と思ったり、手柄を独り占めしようとすると足をすくわれます。注意です。

・六藍日性の方
『他人を指摘し、命令したくなる』年です。
人気を得たいと思ってしまいがち。ギャンブル事に気を取られるので冷静に判断しましょう。

・七蒼種性の方
『困っている人を見て、応援したくなる』年です。
自分を犠牲にしてまでも、他人事に向かうのは避けましょう。困ったら先輩に相談してよい年です。

・八桃果性の方
『自分の考えを押したくなる』年です。
注目されるのは、天の応援だと心得る。揉め事は、積極的に自分が片付けると吉です。

・九碧種性の方
『出会いに闘志を燃やしたくなる』時流です。
自分が他人を励ますように声掛けすると、徳積みになります。何事も途中で諦めないで下さい。

以上、2019年の時流を簡単にまとめてみました。
全体的に心が乱れやすい年です。周りに影響されずに、冷静に基準を定めて行動しましょう。
『天を基準』にすれば、間違いはありません。

2019年 1月末日

 
こといし屋

こといし屋

メルマガ登録

※ご入力いただいたお客様の個人情報は、当社の規定した利用目的以外で、予めお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP