人生を成功し続けるための『18の法則』⑥

法則6

運を信じる

「自分は運がない」と思い込んでいる人は、チャンスに気付けません。たとえ気付いても、目の前のチャンスを掴もうとする意識が弱いのです。

運というモノは、誰にでも平等に与えられています。というよりも『自分で、どうにでも変えて行ける機会を与えられている』と言った方が、良いのかもしれません。

事故にあった時に「運が悪かった」と思うか、「ケガで済んで、運が良かった」と思うかの違いです。生まれつき、何の悩みもなく生きている人など居ません。心の在り方次第なのです。

他人から見たら運が良くても、不平不満を言って『不運』になってしまう人もいれば、どんなに厳しい状況でも『運』を見出せる幸福度の高い人もいます。人生は思った通りになって行きます。

自ら「運がある」と思える人こそが、この世では幸せになるチャンスがあるのです。

関連記事

こといし屋

こといし屋

メルマガ登録

※ご入力いただいたお客様の個人情報は、当社の規定した利用目的以外で、予めお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
PAGE TOP