オンライン化の落とし穴

コロナ禍の中、従来の仕事の在り方が問われています。たとえワクチンが開発されたとしても、元の生活に戻る可能性は低いと言われています。

つまり働き方は益々テレワークやオンライン化して行き、それにあたり消費や余暇の過ごし方もソーシャルディスタンスが当たり前になるということです。

当然、私もそう思います。しかし、ここで一度考えなければならないとも思います。

・人はネットショッピングのみで、リアルに買い物をしなくて済むのか?
・自宅ではない雰囲気の中、楽しく食事をする必要はないのか?
・メールや画面の中だけで、他人とのコミュニケーションが満足に得られるのか?
・現地の空気・音・香りに触れずに、バーチャルで旅が成立するのか?

やはり人間は、生身の身体と心が無ければ生きては行けません。快適な生活の為に、デジタルの進化はもちろん必要ですがバランスが大切です。機械に基準を合わせてしまうと、人が人でなくなってしまいます。

2020年10月1日(本日)、東京証券取引所におけるシステムトラブル・・・。
見方によっては、資金が一時的に拘束されました。軽い金融封鎖のようなものです。

今世間ではオンライン化が加速していますが、それ自体が経済中心の思考によるもののはずです。

人間の生き方にオンラインが必要なのではなく、ビジネスにオンラインが必要なだけになってしまったら危険です。

そこを間違うと、魂の意思(天の意思)から大きく外れる可能性があるので注意が必要です。

関連記事

こといし屋

こといし屋

メルマガ登録

※ご入力いただいたお客様の個人情報は、当社の規定した利用目的以外で、予めお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。
PAGE TOP