法則1・成功イメージを描ききる(見える世界 編)

脳はイメージで記憶する。

人生を成功し続けるには、イメージした情報を鮮明に “記憶”していなければなりません。

記憶のコツは絵で描くことです。文字は、脳の海馬で処理される『短期記憶』です。逆に絵は、脳の偏桃体で処理される『長期記憶』です。そしてイメージは絵です。強く脳に刻まれたイメージは、潜在意識となって行動や習慣を変えて行きます。

まずは『将来なりたい自分』を絵で思い浮かべることです。そして問題発生時の対処まで、絵で描ききることです。要するに最悪の事態を想定して、メンタル的にも準備しておくのです。これは、投資やビジネスでも言えることです。

「自分には無理」「大変だ」と思ってしまう・・・。この思考こそが、脳に凝り固まった『癖』です。
これらの言葉を聞いた脳は、「そうなろう」と行動してしまいます。まずは、現実的にできる所までを描ききる。そして「とりあえず行動してみる」を繰り返すことです。

失敗を繰り返しながら進むうちに、脳は成功パターンを学習して行きます。始めは難しかったイメージが、瞬間的に描けるように脳が変化して行きます。そうなれば後は簡単です。脳はあなたの意識に関係なく必要な情報を集め始めます。

『幸福度NO1は、良い人間関係』へ続く

この内容を『真ん中の世界』視点で読む>

この内容を『見えない世界』視点で読む>

関連記事

  1. 法則2 縁を大切にする(見える世界 編)