石の効果・効能(光の神秘)

パワーストーンの効果・効能について、様々なメディアが情報を公開しています。
依存ではなく『お守り』として願いを掛けたり、自分への『決意の証』となるのであればとても良いことです。結局は自分の考え方次第ですが、「石が願いを叶える」のではなく「あなた自身が石と共に願いを叶える」という発想の時代になったということでしょう。

魂を目覚めさせる、パワーストーンの光

人間は、本来の能力の5%程度しか使っていないと言われています。ともすれば各自が自分の本来の能力を発揮することが出来れば、私達は人生をより良く過ごすことが出来るはずです。この潜在能力を目覚めさせる方法の一つとして、地球の一部であるパワーストーンが力を貸してくれます。鉱物に宿る神秘の力と、人間の可能性の共鳴の始まりです。

生命エネルギーの源『宇宙光線』

パワーストーンは、いくつかの元素(炭素が中心)にマグマのエネルギーと宇宙光線が降り注いで結晶化した奇跡の産物です。数億年という年月をかけて誕生した鉱物たちには、植物、動物すべての生命エネルギーの記憶が凝縮されています。特に宇宙光線は生命力の源とも言え、多くの病気や精神の癒しにパワーストーンが効果を発揮してきた歴史があります。宇宙光線には、可視光線(目に見える色)『赤』『橙』『黄』『緑』『青』『藍』『紫』の7つと、不可視光線(目に見えない色)『紫外線』『赤外線』の2つをあわせた、9種類の光線があります。

石が放つ、色の波動

この世に存在する全ての物質は、固有の周波数(波動)を持っています。宇宙、地球、そして私達の身体も、常に振動しているのです。東洋医学ではこの波動のことを『氣』と表現し、人間の身体にある氣の出入り口を『チャクラ』と呼んでいます。チャクラは宇宙光線と意味付けられ、人間の生命エネルギーと深く関わっているとされています。インド伝承医学のアーユルヴェーダをベースにした、アロマセラピーなどは代表的なメソッドです。更にバッタチャリア博士によって開発された宝石光線療法は、量子物理学も取り入れられた自然治癒力を高める療法です。以下、チャクラの特徴と色、対応するパワーストーンをご紹介します。

第0チャクラ ベース(黒)

【地球とグラウンディング】
地球と繋がり、大地のエネルギーを吸収する。


■肉体の部位:肛門・膀胱・足裏
■心身への作用:排泄・骨髄機能・地に足が着く


【対応する石】
ブラックダイヤモンド、モリオン、ブラックトルマリン、スピネル、スモーキークォーツ、オブシディアン

「自分は今、ここに肉体を持って生きている」という、3次元の世界を現実として認識しなければいけません。特に現代社会においては外部からの様々な情報に振り回され、自分自身が何をどうして良いのか?分からなくなっている方が多くなっています。これは知識ばかり詰め込んで、リアルな世界で使いこなせずフワフワした状態だと言えます。理想的な思想も良いですが、自分の肉体にも時間制限があることを忘れないことです。

第1チャクラ ベース(赤)

【光と闇 / 表と裏 / 生と死】
陰陽(対極)のバランスが、生命のベース。


■肉体の部位:仙骨・生殖器・腎臓
■心身への作用:血液循環・細胞活性・感染症・意識向上


【対応する石】
ルビー、ガーネット、スピネル、レッドジャスパー、ヘマタイト、インカローズ、ロードナイト

人はなぜ死ぬのか?それは生まれてきたからです。元々なかったモノが誕生(出現)したからには、消えて行かなければなりません。それが自然界の摂理であり、宇宙の法則なのです。例外はありません。肉体は細胞の誕生と、消滅を繰り返して存在しています。ベースチャクラが整っていると、死を受け入れた上で生きる喜びを感じることが出来るようになります。逆に乱れていると、やる気が持てず怒り、欲求不満、感情の爆発などが起こります。

第2チャクラ セイクラル(オレンジ)

【自我の目覚め /具現化】
夢実現の第一歩。自分を理解し、自信に変える。


■肉体の部位:小腸・大腸・脾臓
■心身への作用:便通・消化・自立・創造性・社交性


【対応する石】
カーネリアン、サンストーン、オレンジカルサイト、タイガーアイ、オレンジムーンストーン

心の奥底にある本心を引き出し、欲求や執着などありのままの自分と向き合うエネルギーです。成功するには自分を認め、間違いや遠慮などの心のブレーキを解除する必要があります。恐れずに、自分を信じて進む心身をつくって行きましょう。第2チャクラが整っていると、精神的に自立した状態でコミュニケーション力も上がります。逆に乱れていると、人やモノに依存してしまう傾向になります。

第3チャクラ ソーラープレクサス(黄)

【感情と意志のコントロール】
みぞおちに集中する神経を、バランスよく流す。


■肉体の部位:胃・肝臓・脾臓・横隔膜
■心身への作用:呼吸・感情の安定


【対応する石】
シトリン、ルチルクォーツ、アンバー(琥珀)、レモンクォーツ

感情を溜め込んでしまうと、本来自分がやりたいことが見えなくなりがちです。何故なら集中すべきエネルギーが、自分の感情を抑えることに向いてしまうからです。本道をそれた感情では、成るモノも成らせられなくなってしまいます。さらに感情の停滞は呼吸が浅くなり、精神的にも身体的にも生命エネルギーの乱れを起こしてしまいます。第3チャクラを整えて、良くも悪くも全ての感情を受け止められるようにして行きましょう。

第4チャクラ ハート(緑)

【愛を受け取り与える】
ありのままの自分を愛し、他人を認めて生きる。


■肉体の部位:心臓・肺
■心身への作用:血圧・扁桃体(脳)・愛・感謝・気づき


【対応する石】
ペリドット、マラカイト、エメラルド、モルダバイト、ローズクォーツ、クンツァイト

愛と聞くと他人との関係に思われがちですが、愛の基準は『自分を愛する』ところから始まります。それが出来て、初めて相手や自分を受け入れられるようになるのです。「自分なんか・・・」と言っていては、他人との愛など体験できるはずがありません。第4チャクラを整えることで、周囲と共感し感謝しながら生きられるようになるのです。逆に乱れていると、愛されない感情が強くなり、心にゆとりが無くなってしまいます。

第5チャクラ スロート(青)

【自己表現/平和/純粋性】
人生の幸福度を決める、良い人間関係。


■肉体の部位:首・喉・口・顎・耳・甲状腺
■心身への作用:人間関係・表現力・信頼


【対応する石】
アクアマリン、ラリマー、クリソコラ、ターコイズ、ブルーレースアゲート

周囲との人間関係を円滑にするために、必要不可欠なコミュニケーション力。第5チャクラは、まさに様々な分野で自分を表現するには欠かせない能力を司ります。コミュニケーションが上手くいかないと、相手を言葉や態度でコントロールしようとしてしまい、怒りや悲しみの感情を抱えてしまうことになります。第5チャクラのバランスを整え、自分や相手の気持ちを自然体で受け止められるようにしていきましょう。

第6チャクラ サードアイ(藍)

【内に秘めた、知恵と直感】
思考を意識的に現実化し、創造する力。


■肉体の部位:眉間・脳下垂体
■心身への作用:直感力・超感覚・洞察力


【対応する石】
ラピスラズリ、アイオライト、アズライト、ディモルチェライト、ソーダライト

人の思考は想像以上にパワーを発揮し、描いた現実が創造できるようになります。第6チャクラは『第三の目』とも言われ、直感や五感を越えた『第六感』を宿すチャクラです。直感とは身体が受け取った感覚を直に思考でコントロールすることを指し、物理的な現象にも大きく影響を与えます。チャクラが整っている時は、好奇心に満ち溢れた精神状態を保ちます。逆に乱れると、否定的な感情を直感と捉えやすいので注意が必要です。

第7チャクラ クラウン(紫)

【宇宙エネルギーと繋がる】
魂の存在を意識し、潜在能力を開花させる。


■肉体の部位:頭頂・松果体
■心身への作用:スピリチュアリティ・神秘力・宇宙との繋がり


【対応する石】
アメジスト、スギライト、チャロアイト、セレナイト、アズライト、フローライト

現実世界と宇宙のエネルギーを、自分の存在として受け入れられる力を宿します。第7チャクラを活性化するには、第1チャクラを整える必要があり、このバランスが崩れていると「現実(物質的)の世界だけ」や「精神(スピリチュアル的)な世界だけ」といった偏った思考に陥ってしまいます。「見える世界も、見えない世界もどちらも大事」というブレない思考が、人生を成功し続けるために大切な基準となるのです。

第8チャクラ ハイヤーセルフ(白・クリア)

【宇宙全体意識】
現実世界を、宇宙の神秘の視点で見る。


■肉体の部位:頭上
■心身への作用:宇宙意識


【対応する石】
ダイヤモンド、水晶、アゼツライト、ハーキマーダイヤモンド

この世の物質と空間を構成するものは原子(素粒子)であり、全てのモノは一つの波動で成り立っていると考えられています(量子物理学 スーパーストリング理論)。第8チャクラが整っていると、自分と宇宙の繋がりを感じることができるはずです。宇宙の神秘が地球をつくり、『鉱物』から『植物』と『動物』が生まれた・・・。壮大な宇宙のエネルギーが、パワーストーンに、そして自分に繋がっていると考えると、今の自分が存在する奇跡を感じられずにはいられないはずです。

PAGE TOP