『陰陽五行』と人間の身体

5色に分けられる

『人の身体』

陰陽五行説では、人間の身体を・黒』5色の可視光線に振り分けて表現しています。
そして色とはズバリ『顔の色』の事です。
東洋医学の考えでは、人間は顔の色で身体の症状が分類されると言われます。

例えば。いわゆる“赤ら顔”の人は、健康問題として『心臓』『小腸』『舌』『血脈』に出やすいと言われます。
症状としては『高血圧』『緊張しやすい』『汗っかき』『暑さ嫌い』などが該当します。

もちろんその時の体調や緊張によって、顔は赤くなったり青くなったりする時があります。ここで言う色は、正常時の色のことです。ご自分や周辺の方々の顔の色で、チェックしてみて下さい。何か目には見えない、不思議な因果関係が見えてくるはずです。

『顔の色』と『食べ物』

そして陰陽五行説を使って、直ぐに実践できる健康促進法の1つが『食べ物の選択』です。
「自分の顔色と、同じ色の物を食べると良い」とされます!(「ホントか⁈」ですよね)

つまり、こういうことです。
赤い人は・・・トマト・梅干し・スイカなど。
青い人は・・・緑野菜・青魚・ぶどうなど。
黄色い人は・・・かぼちゃ・柑橘類・生姜など。
白い人は・・・豆腐・大根・卵など。
黒い人は・・・黒豆・ごぼう・海苔など。

『顔の色』と『食べ物』の科学的な根拠はありませんが、試してみる価値はあります。全て自然と共存してきた、先人達の知恵なのですから。
自然から生まれた私達が、自然に従って生きる。自分の中にある、本来の力(自然治癒力)を使う生き方です。
不思議な『自然界の法則』の話でした。

石も色とりどり!
今のあなたに必要な、石(宇宙光線)があるはずです。
あなたの心が欲しがる、石探しのお手伝い致します。
1F『銀座こといし屋』
B1F 専用相談室
東京都中央区銀座2丁目5-4 1F
TEL 03-6263-2526

こといし屋

こといし屋

メルマガ登録

※ご入力いただいたお客様の個人情報は、当社の規定した利用目的以外で、予めお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。詳細はプライバシーポリシーをご覧ください。

PAGE TOP